FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
医療関係団体政策懇談会
 10月7日午後から自民党の県連会館で政策懇談会があり、平成28年度の予算に関する要望書を提出してきました。藤川政人県連会長、久保田幹事長、奥村政調会長、国会議員の先生方、鈴木じゅんじ衆議院議員、青山周平議員、今村宗一郎議員、神田憲次議員、池田佳隆議員、酒井康行参議院議員が出席でした。他国会議員の方がたは、秘書が代理出席でした。愛知県医師会、歯科医師会をはじめ、薬剤師連盟、栄養士会連盟などなど出席団体から平成28年度の予算について多くの要望が述べられました。自民党の議員さんたちはそれぞれ熱心に聞いてくださいました。
 看護関係では、愛知県看護協会三浦副会長が要望し、兵藤理事があいさつされました。看護連盟は私が、連盟会員の一年間の研修後アンケートのデータからまとめ上げて要望しました。この時に、平成27年度の新基金の医療分配分の低さに対し、ご協力をいただいたことに対して感謝し、10月の第2回配分を期待していますと申し上げました。
 まとめの段階で、藤川県連会長から、新基金の第2回配分額に関して、愛知県の議員が頑張ったこと、医療分に関して、前年度並みの金額が約束できそうだと教えていただけました!よかった!しかし、ぬか喜びにならないように注意深く見ていきます。
スポンサーサイト