FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
女性活力特別委員会
政治と暮らしのWoman Magazineりぶる10月号に特集が載っていました。
7月の参議院選挙で、安倍総裁が「日本を女性が一番輝く国にしよう」と言っていました。
育児休業法改正(1991年)男女雇用機会均等法改正(1997年)、ワークライフバランス憲章と行動指針策定(2008年)等が整備されてきましたが、現状では、男性の週当たりの家事への参画ゼロ比率は8割、育児参画ゼロ比率7割です!しかも、参加時間の平均は週約1時間と圧倒的に少ないといいます。
安倍総理は施政方針演説(2013年2月)で、「職場で活躍している女性も、家事に専念している女性も、すべての女性がそれぞれの生き方に自信と誇りを持ち、輝くことのできる社会の実現」を表明されています。
そのためには、長時間労働に代表される男性中心の社会から、女性も自らのライフスタイルやライフステージに応じて、柔軟で多様な働き方や生き方ができる社会にすることでしょう。
「2020年30%」(にいまる・さんまるという)実現するための目標を知っていますか?
これは、社会のあらゆる分野で2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%にすることを目指しているのです。しかし、この道は険しく、まだ道半ば・・。看護職は、比較的早くからトップリーダーの養成を行い、日本の社会の在り方に少なからず影響を与えてきたといえるでしょう。病院という医療社会、組織の中で少なくとも役員のうち1名を女性にしなさいと政府が要請をしています。
皆さんの病院は、看護部長が副院長職をとっていますか?違うとしたら、どうしてかを看護管理職に尋ねてみましょう?ご自分の働く組織を知ることから始めましょう。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://aichikangorenmei.blog.fc2.com/tb.php/55-5592c711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)