FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
看護のアジェンダ連載者井部敏子氏に講演依頼した山口県看護協会がスゴイ!
「週刊医学界新聞」に聖路加国際大学名誉教授の井部俊子先生が長年看護のアジェンダを連載しておられる。その回数は第163回になっている。大学病院で看護管理を仕事とする前からずっと購読をして、自身の業務、管理にずいぶんと助けられたものである。
第163回の看護のアジェンダは考察「本当の看護を求めて」であった。これは、山口県看護協会が第149回の「本当の看護を求めて」を読まれて、その内容に共感し、連載者の井部俊子氏に講演を依頼され、井部氏が受諾をされた経緯が書かれていた。
山口県看護協会が井部氏を動かしたのは、こうあった。・・・第149回看護のアジェンダを拝読し、5点の井部氏の指摘に共感をした。・・・看護の対象者と看護を提供する看護職の双方を守っていくために、現在の課題を整理し、どのように取り組んでいくのか、その方法についてご教示いただきたい・・・。井部氏はこのコラムで問題提起だけをしてそのまま放り出していると気づいたとのべておられた。
163回の考察「本当の看護をおとめて」には、臨床看護のプロブレムリストが対策の方向性とともに示されている。過去に「ハウツー」はかりを求めるなと、新人ナースをしかったり、看護学生を惑わしたりとしなかったか?
内容は新聞を読んでいただくとして、山口県看護協会さんありがとう!
スポンサーサイト