FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
政策セミナー
11月18日(金)19日(土)三重県において日本看護連盟東海北陸ブロック協議会主催の看護管理者等政策セミナーが開催された。愛知県からは、7名の看護部長、局長が参加された。日頃の忙しい看護管理の現場からはなれて、看護政策、看護制度について、講演を聴き、グループワークをして考察をまとめ発表をしていただいた。後日、この内容はまとめられ報告されるが、いずれの県の参加看護管理者も、その能力の高さが際立っており、発表は非常に重要な、タイムリーな提言内容であった。ブロック協議会の会長たちで話し合わなければならないが、できれば、中央に(厚生労働大臣レベル)要望書として挙げていきたいと考えている。
愛知県の出席者とセミナー終了直後に記念写真を撮ったので、皆様にご披露します。
政策セミナー1

政策セミナー2

スポンサーサイト
国会見学
 今年も国会見学をしました!11月10日、11日の2日間で鯱バス2台にて80名が研修に参加しました。おりしも国会はTPPの審議が真っ最中で、愛知県選出の衆議院の皆様にはお目にかかることができませんでしたが、各議員さんは、秘書の皆さんを看護連盟の会員たちに派遣して、代理ご挨拶をしておられました。参議院の藤川政人議員、酒井やすゆき議員は参議院会館に駆けつけてくださり、親しくお話をしてくださいました。石田まさひろ議員は元気に財務委員会や多くの庶務の合間を縫って、多くの書類を抱えながら愛知県看護連盟の会員たちのために奔走してくださいました。議員を支える秘書さんたちの活躍で、今年は厚生労働委員会の傍聴も80名全員が体験できました。厳しいセキュリティチェックの後で、傍聴席に座ったら、目の前に塩崎厚生労働大臣の後頭部が見えました。正面席にたかがい恵美子議員が委員として席についておられました。年金問題について審議が行われていました。緊迫した雰囲気の中で、ああ、こうやって国の機関は私たちの暮らしを守り支えていく決まり事をつくっているのだなと実感しました。
 あべ俊子議員、木村やよい議員にはお目にかかれませんでしたが、きっといずれかの委員会か、会合で、頑張ってくださっていると感じました。
 夜は、晴海ふ頭から屋形船に乗りました。皆さんは昼間の緊張から解けて、和やかな雰囲気で、美しい夜景を楽しみました。揚げたてのてんぷらに舌鼓!楽しいひと時を送りました。
 翌日は日本看護協会会館を訪問し、日本看護連盟幹事長の榮木氏のご挨拶を受け、会館の見学をさせていただきました。そして横浜中華街でお昼を取り、たくさんのお土産を買って帰路につきました。
バス車中では、基礎研修、リーフの役員による話にも熱心に説明を聞いてくださいました。充実した2日間でした。来年も企画いたします。皆様の参加をお待ちしています。
写真1

写真2

写真3

写真4

日本看護協会会館地下ホールの壁
みなさんご存知でしたか?
日本看護協会会館は原宿表参道にあります。有名な建築家黒川紀章氏の設計になるモダンな建物ですが、このたび国会見学の後に、看護協会、看護連盟の施設見学に行きまして、教えてもらったことがあります。
地下ホールの壁が、一枚パネルが外されてコンクリートがむき出しになっていました。協会の事務職の方のお話では、壁の向こうは千代田線の地下鉄が走っており、5分間に一回電車か通過しているとのことです。しかし、騒音・振動は全くなし!壁の厚さは。既定の2倍の厚さで設計されているとのことです。黒川紀章さんありがとう・・。
充実した施設見学でした。
縮小

全国会長・幹事長・支部長合同会議
10月27日28日の2日間で、東京高輪プリンスホテルにおいて開催されました。第24回参議院議員選挙の総括アンケート結果が草間会長から報告され、各都道府県からの参加者から活発な意見交換がなされました。
たかがい恵美子参議院議員があいさつに立たれ、特に女性局長として現在取り組んでいる活動について話されました。
合同会議に先立ち、あべ俊子衆議院議員の国政報告会もあり、多くの自民党議員の応援メッセージがありました。
木村やよい衆議院議員が京都3区の選挙区になったことの報告がありました。
石田まさひろ参議院議員の元気なあいさつもありました。
盛りだくさんの会議を終えて、夕方からの懇親会には、各議員がもう一度参加され、全国の連盟役員と親しく交流しました。写真を撮りましたのでご披露いたします。
20161027-1.jpg

20161027-2.jpg