FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知県における稲田朋美政調会長の後援会発足
 1月23日(土)お昼にマリオットアソシアで、自民党の政調会長稲田朋美さんの後援会が発足し、その記念パーティーがありました。
稲田朋美さんは、弁護士で、母親で、この国の文化と創造を愛する衆議院議員で、大変可愛らしい(失礼)女性です。彼女の講演を聞かれた人は、男性女性を問わずみな感銘を受けます。そして、ああ、こんな政治家がいたのか・・。と感じるのです。出身は福井県ですから福井県の方はみな応援をするでしょう。しかし、九州や、東京のも稲田朋美の応援をしようと講演会を作るのです。
愛知県もそのようなわけで、写真の大きなリボンをつけている偕行会グループの一番偉い人で、川原弘久先生のお声かけで「愛知ともみ組」が発足しました。
 私は富山県で昨年11月に開催された、ブロック別看護管理者等政策セミナーの折に講師として稲田朋美先生においでいただいて、その講義を受けておりました。女性が輝く社会をけん引していってくださる政治家だと感じました。それで、秘書さんが連盟事務所においでになった時に、パーティー参加を決めました。そして看護政策にご理解とご協力を約束していただきました。
 同行の片岡笑美子看護部長に稲田政調会長に会っていただき、第二赤十字病院が1月5日から立ち上げた性暴力救援センター「なごみ」に対して、法制化に向けて応援をしてくださいと訴えました。「わかりました。」と答えていただき嬉しかったです。看護の政治家では、木村やよい衆議院議員が頑張ってくれています。
 33年ぶりにあった川原先生ははじめ私がわからなかったようです。「なんだ!杉本じゃないか!」と少したってから言われました。
変わり果てた私・・。27歳の時はそれはそれは良い女だったのよと言っておきます。

IMG_2315.jpg
IMG_2316 (1)


スポンサーサイト
認定看護管理者会総会
 平成28年1月10日(日)愛知県名古屋国際センターに全国から認定看護管理者が集結。第17回総会が開催されました。午後からの特別講演において、「特定行為に係る看護師の活用の在り方」をテーマにビッグ対談が行われました。日本看護連盟会長 草間朋子氏 日本看護協会会長 坂本すが氏、のご両人が忌憚なく話し合ってくださいました。また、参加した会場の看護部長さんたちが、次々と、発言してくださり、司会の私は嬉しい悲鳴を上げるほどでした。終わってみると、両会長効果で、通常100名くらいの参加者のところ、215名と倍増しました。どおりで会場が熱気で厚く感じたことです。
 過去に「看護管理者ほど孤独なポジションはない」と聞いたことがあります。施設、地域を越えて看護管理者が情報共有し連携していくことができたら、自施設の看護管理がずっとグレードアップできると確信して数年前から会長として活動しています。今年も1年看護連盟と2足のわらじで頑張ろうと思いました。
 懇親会で取りました写真をご披露します。
20160110認定看護管理者総会懇親会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。