FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市看護問題対策議員連盟発足
7月16日(木)に中里高之市議会議員(緑区)が事務所に来てくださり、かねてからお願いがしてあった議員連盟を発足してくださったことを知らせてくださいました。
会長は中田ちづこ議員、幹事長に中里高之議員、顧問に横井利明議員、伊神邦彦議員、あと7名の市議さんが参加してくださっていました。早速日本看護連盟に報告をしました。ご連絡をいただき次第、名古屋市の議連には看護政策と看護職についてお話をさせていただくことになっています。
多くの市会議員の方々に、看護職についてのご理解をいただけるようになりたいです。
あとは、愛知県議会議員の方々に看護問題対策議員連盟を作っていただきたいと粘り強くお願いしていきます。
スポンサーサイト
平成27年度医療分基金の配分
愛知県の配分の額を見てがっかりしました!
平成27年度の地域医療介護総合確保基金(医療分)内示一覧が日本看護連盟から送られてきました。1回目ということで、内示額は基金規模の3分の2とのことです。基金総額903.7億円のうち610.8億円を1回目として配分すると但書がありました。
北海道から沖縄まで47都道府県で人口も違えば地域特性もさまざまです。経済、社会情勢もいろいろでしょう。そのような中での基金規模ですが、愛知県は12.8億円でした。東海北陸ブロック(福井県14.2億、岐阜県14.9億、静岡県21.8億、石川県8.5億、富山県2.4億、三重県9.4億)では、富山、石川、三重の次に低い額です。全国6大都市(東京59.5億、神奈川32.8億、大阪27.4億、福岡22.0億、北海道24.4億)では愛知県が一番低額です。
配分の額はどうやって決まるのでしょう?勉強が必要です。県会議員、市会議員の方々と緊密に連携していきたいと思います。
愛知県の看護政策にしっかりとした予算がつけれるように、がんばろうと心から思いました!
児童虐待防止 その現状と課題
平成27年7月4日(土)自民党女性局の政策勉強会がありました。講師としてたかがい恵美子厚生労働大臣政務官が来ておられました。平成23年(2011)に全国でアンケート調査を実施され、15,000件のデータに基づいた児童虐待防止の政策をわかりやすく、熱心にお話いただきました。県下の、女性県会議員2名、女性市会議員7名、女性町議会議員1名、元議員も数名来ておられ、参加者は100名を越えました。実際に地域で、児童虐待防止活動に携わる方々から、活発な質問、意見が寄せられ、たかがい議員はひとつひとつ丁寧にお答えになっておられました。いつものクールなキャリアウーマンのイメージとは少し違って、やさしいけれど芯のある保健師さんのような親しみを感じました。多くの参加者が「よかった!またお話が聞きたい!」といっていました。100枚持っていった後援会入会申込書があっという間になくなりました。看護職以外の方々にたかがい議員を理解していただけてよかったです。このような機会をまた作っていきたいと思いました。
第24回参議院選挙
みなさまお久しぶりです。
平成27年6月20日(土)にクレストンホテルで愛知県看護連盟の通常総会をいたしました。開会式には、藤川政人参議院議員、大村ひであき愛知県知事、山口絢子日本看護連盟幹事、鈴木正子愛知県看護協会長、愛知県女性連盟会長、愛知県女性薬剤師連盟副会長、愛知県訪問看護ステーション協議会副会長の皆様方にご出席をいただきました。藤川議員にはお祝辞をいただき、愛知の看護職に大きな期待を寄せていただきました。
たかがい恵美子参議院議員の決起大会も同時に行いました。木村やよい衆議院議員のガンバローコールで愛知の連盟役員と青年部の会員が青色の鉢巻をしてみんなで「ガンバロー」と雄たけびを上げました。来年の第24回参議院選挙投票日はは7月10日(日)か17日(日)と予想されています。1年後のたかがい選挙にむけて連盟は一丸となって応援をしていきます。水色のスーツ姿のたかがい議員はさっそうとして、高い政治能力を持っておられることがよくわかるすばらしい活動報告をしていただきました!
18歳からの選挙権が来年の参議院選挙から行使されます。特に、愛知県には32校ある看護専門学校の学生さんたちに、看護政策に関心を持って選挙権を行使し、投票は国民の義務であることを理解してもらいたいと思いました。
皆様のまわりにおられる看護学生にぜひ呼びかけをお願いします。自覚とプライドを持って連盟活動をこれからも続けます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。