FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
石田まさひろ議員の同行(その2)
がんセンター愛知病院から、長久手にある日本介助犬訓練センターシンシアの丘に見学に向かいました。9月20日、21日に中部国際空港セントレアホールで日本身体障害者補助犬学会が開催されましたが、基調講演が看護師のスーザンダンカン氏で、日本の身体障害者補助犬法の法律制定に大きく貢献された方です。石田まさひろ議員は大阪の研修会を終えて夕方からセントレアに入り、スーザン氏とお話ができてよかったのですが、そのときに、長久手にあるシンシアの丘に必ず見学に行きたいとプログラムされたのでした。
シンシアでは、高柳事務局長がお出迎えくださいました。日本の補助犬法制定に尽力された人間のお医者さんで、素敵な女医さんです。たくさんのワンちゃんがいました!黒、白、茶のラブラドールレトリーバーたち、黒のねこちゃんも仲間でした。
訓練室も見学できました。研修生の皆さん、訓練士の皆さんありがとうございました。ワンちゃんたちお世話様でした!
高柳先生から写真を送っていただいたので、みなさまにご披露します。石田議員のうれしそうな笑顔いかがですか?いいと思いませんか?

170.jpg


P1180589.jpeg

スポンサーサイト



石田まさひろ議員の同行(その1)
9月25日(木)12時過ぎに来名した議員と、岡崎にあるがんセンター愛知病院の地域緩和ケアセンターに見学に行ってきました。愛知県の木を使った木造建築で杉、ヒノキなどの木の特長を生かしたすばらしい建物でした。病院長の斎藤先生、センター長の橋本先生、青山看護部長さんや、愛知県の林野庁の大道様(この人は石田議員のご友人)はじめたくさんの方がお出迎えくださり、中でも橋本センター長のプレゼンは心のこもった内容でした。石田議員は熱心に聴いていて、現場の視察では、ご利用の人々とすぐに仲良くなり、親しくお話をされていました。そのときのお話では、緩和センターに来所した日の夜はとてもよく眠れるのだそうです。素敵だと思いませんか?みなさんとても穏やかで、優しい笑顔でそこは和やかな木の香りの漂うすてきな空間、環境でした。
緩和ケアのセンター機能、組織化はまだ新しい試みです。ぜひがんばっていただきたいと思いました。
がんセンター愛知病院のみなさま、お世話になりました。ありがとうございました。
たかがい恵美子議員が来て下さいました
愛知県会員研修が9月15日に開催されました。「2025年問題と看護政策」講師は私たち看護の代表、たかがい恵美子参議院議員でした。たかがい議員は大変お忙しい方で、このたびのあべ内閣改造で厚生労働大臣政務官になられました。いつもにましてエネルギッシュで、パワーの感じられるお話を2時間たっぷりとお聞きしました。会員からの質問にも丁寧にお答えを頂き、みな大変満足していました。
9月16日に連盟事務所にたかがい議員から、「皆さんのニーズにこたえられたか」とご配慮のお電話があり、アンケート結果をお伝えしてお礼を申し上げました。
また、愛知に来てくださるようにお願いをしましたが、「いつでも呼んでください。」といっておられました。研修に参加された皆様お疲れ様でした。
厚労関係団体政策懇談会
9月9日に自民党県連で、政策懇談会がありました。平成27年度の予算に関する要望をしてきました。出席団体21、2団体は欠席でしたが、看護系は愛知県看護協会、看護連盟の会長がそろって5分ずつの時間を頂き、連携して国、県への要望をしてきました。医師会、歯科医師会、薬剤師会、獣医師会・・・。その他多くの職種の代表が一生懸命に訴えました。愛知県議会の政調会長奥村議員がこれを取りまとめ、藤川参議院議員が県連会長として答弁しておられました。愛知県選出の国会議員も代理出席の方もありましたがほとんどの議員が熱心に聴いてくれました。
このように多職種の前で、広く看護問題、看護政策について知っていただく機会はそうそうにあるものではないです。チャンスを逃がさず、現場の声を県政に伝えていく確実な手段ですから、看護協会長と事前協議をしてうまく連携が取れてよかったです。