FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
日本介助犬協会から
 長久手のシンシアの丘から、センター長補佐の太田さんが看護連盟事務所に「事業報告」に来てくださいました。看護連盟は介助犬訓練センターを年間50,000円の賛助応援しています。それで、太田さんが24年度の事業報告と、決算報告にきてくださったのです。誠実な事業体であると思いました。
 私たちは人々の健康とくらしを守ることを使命としていますが、介助犬協会は、障害のある人の社会参加を推進することが使命です。それに介助犬が大きく手助けをするのです。素晴らしいことです。とても時間がかかり、費用もかかることでしょうが、一人でも多くの障害ある人がその人らしくいきいきと生活できるように、賢いワンちゃんがパートナーになってくれるように、応援を続けたいと思いました。
石田まさひろさんが、小学生にナイチンゲールを勉強するようにしていきたいといっておられましたが、補助犬法が日本には存在し、動物が人間のパートナーとなって、その人の障害を助けるということも子供たちに勉強してもらいたいものです。
 ちなみに、当家のキャリアチェンジ犬ケイトは、3月にシンシアから我が家に移ってきました。今では朝夕のお散歩にも1本のリードであまり吠えずに行けるようになりました。しかし、先日家の前で私をなぎ倒し、猫に向かってばく進、逃亡をはかったのでした。家出か?あせりました。夫が呼ぶと、すごすごと帰ってきました。結果、朝ご飯は少しお預けとなり、十分反省をさせたところであげましたら、おっぽを振りながら食べていました・・。日本介助犬協会の崇高な理念を思うと、ケイトはやっぱり我が家で暮らすのがよいかと妙に納得し来ました。大変ですが、毎日笑いが絶えません。面白いことがいっぱいおこるのです。また、お話ししますね。
スポンサーサイト



石田まさひろ当選!
愛知県看護連盟会員のみなさま、看護職のみなさま、看護を応援してくださる一般のみなさま、石田まさひろが当選しました。応援ありがとうございました!!
本当にうれしいです!彼はきっと国政でやってくれます。これからも高階恵美子議員、阿部俊子議員ともども応援をしていきたいと思います。
愛知県看護連盟は3年ごとの参議院通常選挙で看護職の代表を国政へ送る活動をしてきましたが、連盟会員7800名前後で先の高階選挙でも5380票しか出せませんでした。しかし、今回石田選挙では8.888票の得票でした!!?初めて見たときは目を疑いました。何かの間違いではないだろうか、こんなに票が取れるとは過去の例から見ても信じられない・・。それで、東京におそるおそる電話しました。「数に間違いはありません。総務省からのデータです」やった!と思いました!連盟役員は、せめて連盟会員数7800は得票したいねと、所属施設の業務多忙の中、勤務を終えて、一人ひとりが高い自立心と看護職のプライドをもって、地道に自分たちの出来ることをと活動しました。使命感に燃えて犠牲的精神では長続きしません。自らの信念と課題を楽しむバイタリティが必要でした。
問題解決能力には看護職は大変優れています。調整力もお手の物です。すばらしいパフォーマンスで、選挙戦を駆け抜けました。終わってみれば、この得票でした・・。しみじみ喜びをかみしめています。歴代の連盟会長の悲願、会員数分の得票数が実現しました。会員の皆様に「わかっていただいてありがとう!」と心をこめて言いたいです。次世代の看護者のみなさんに、今取れる責任の形がこれだと思っています。
これからも、愛知県看護連盟は皆様と共に歩みます。
応援演説
7月15日15時過ぎに名古屋駅高島屋前の通路は人々で埋め尽くされました。安倍総理が愛知選挙区から参議院選挙に立候補した酒井やすゆきさんの応援に選挙カーに上がられたからです。野党時代ではなかなか見られなかった光景です。総理の言葉は歯切れよく、自信に満ち溢れていました。きっとこの国の経済は良くなる。東北の復興は加速すると信じられる言葉でした。夕方から名東区役所、守山区役所で各支部の議員さんたちの計らいで参議院選挙比例代表の候補の応援を薦めていただき、わが看護職の代表「石田まさひろ」さんを応援してきました。どちらの区役所にも、地域住民の方々が大勢集まっておられました。看護連盟会員も10人以上が駆けつけてくれて、皆さんに石田まさひろをアピールすることができました。会場を出るとき、初老の女性が、「私も過去看護職でした。応援していますからしっかり頑張ってね!」と声をかけてくれました。また、別の男性は「あなたの話はわかりやすかったよ。看護師は男もなるんだね。ワシも応援するよ!」といってくれました。7月7日の豊明文化会館の会場では「ワシはペースメーカーがはいっとる。医者より看護師さんがええぞ。頑張れ!ワシはもう期日前投票ですませてきたよ!」とか、「嫁が病院に勤めているの。石田さんのことはみんな知っているから。頑張ってね!」とか。それで疲れも吹っ飛び、「ありがとうございます!!がんばりまあす!」と笑顔でお答えできるのでなんともいえない充足感があります。
もうひと頑張り。明日は石田まさひろ選挙カーが愛知県に入ります。昼の栄交差点、夕方の名古屋駅前で、愛知の看護職がユニフォーム軍団で道行く人々に「石田まさひろ」を訴えます。安倍総理のようには行かないでしょうが、心をこめて訴えます!熱伝導です。
参議院選挙が始まった
愛知県看護連盟通常総会で最後に大島敏子先生が30分だけお話をされました。その時の資料に現在の連盟会員にぜひとも紹介したい一文がありました。
出展を明らかにして、みなさんにご紹介します。

人間 進歩すると言うことは変ることやろ
それには 意識を変えてゆくことが必要なんや
意識が変わると 行動が変わる!
行動が変わると 習慣が変わる!
習慣が変わると 人格が変わる!
人格が変わると 運命が変わるんや!
運命が変わると言う事は 幸せになるちゅうこと!!
みんなのために 生きとるんやで
幸せになるには どうするか?
やっぱり 日々を精一杯生きることやろ!
自分で限界をつくるな!  可能性は無限大やぞ!  野村克也

いかがですか?
パワーがもらえますよね。
石田まさひろの応援を、看護職の団結で力強く続けましょう!
選挙が始まる
いよいよ参議院選挙戦が始まりました!
石田さんのフェイスブックによると、千葉から北上しているようですね。
原宿の看護協会会館の前で出陣式の様子が写真でアップされていました。石田さんはとても元気そうでした。気力の充実を感じました。頼もしい限りです!慢心に陥ることなく、誠実に17日間を戦っていただけると期待しています。
愛知県の選挙区で酒井さんが愛知県支部の応援で出陣していかれました。大須観音の出陣式に看護連盟からも10名ほどが参加しましたが、愛知県医師連盟の会長が挨拶で日本医師会副会長が比例で立候補しているので応援をといっていました。
??なんで私に(愛知県看護連盟会長に)マイクが回ってこないのでしょう??
愛知選挙区は酒井、全国比例は石田まさひろにと私も応援をお願いしたかったのに・・。でもマイクをもぎとるわけにもいきませんしね・・。
これからも、お声をかけていただいた議員さんたちの集まりには可能な限り出席し、石田まさひろを訴えていきたいと思っていますが、一般の方々に看護職をご理解いただくのは難しいです。やはり看護職のことは看護職の団体がしっかりと応援しなくては・・。看護協会会員も連盟会員もこの際はこだわらず、みなさんどうか宜しくお願いいたします!
自由民主党愛知県支部連合会大会
7月2日(火)の午後開催された県連の大会に、比例代表公認候補者「石田まさひろ」の代理として出席してきました。記念講演は金美鈴さんのお話でした。印象に残ったのは、治安の良さ、国民を守ること、経済力など、世界の中で日本ほど良い国はそんなにない。そこに生まれたことを喜び誇りに思わなくてはならないといわれたことです。彼女は台湾で生まれ、幾多の戦争、内紛を体験し、現在は日本で暮らしておられるわけですが、世界を俯瞰して日本を客観的に見ることを教えてくれました。
藤川県連会長が愛知メガリング計画について政策提言をしていました。新しい愛知の成長戦略の紹介です。愛知に暮らす人々が物心両面で豊かになるためには、愛知県民の誇り高いものづくり経済力と地域を包括的に連携したケア力を発揮することが必要ではないでしょうか?
看護職は時代のニーズに敏感に対応する政治力が必要だとつくづく思いました。
大会に集う県民の皆さんの前で、看護の代表の石田まさひろを応援していることをアピールできてよかったと思いました。