FC2ブログ
愛知県看護連盟会長ブログ
東京でのこと
6月13日日本看護連盟通常総会が東京で開催されました。その前日、16時から永田町の自由民主党会館においてあべ俊子衆議院議員の政策報告会がありました。
橋本岳議員が司会をされて、小渕優子議員が講演をされました。両方ともお父様が総理大臣を経験され、今は鬼籍に入られている、いわゆる2世議員さんであります。しかし、あべ俊子議員と同じく若さと情熱をもって政治活動をされており、そのお話、司会のうまさに感心し、お三方とも人をひきつける話術に能力の高さがうかがえて大変勉強になりました。
清水かよ子連盟会長も全国から集まった連盟会長、役員たちに対し大変喜ばれておられました。
散会の時、橋本岳議員とお話する機会がありました。(以下はその内容です)
私「お父様は総理大臣でいらっしゃいましたね」
議員「はいそうです。父のときから看護連盟とは少なからぬご縁ですね」
私「議員のお母様は橋本久美子様ですか?」
議員「!?そうです。もし違っていたらたいへんです!」
私「あはは・・。変な意味でなく、お母様は日本介助犬協会の会長さんですよね。そのことをお尋ねしたかったのです。」
議員「ああ、そうですか!はいそうですよ。」
私「愛知県看護連盟は長久手市の介助犬訓練センターシンシアの丘を応援しているのですよ。」
議員「わあ、そうなんですか!ありがとうございます!母にも伝えますね。」
小泉進次郎議員と同じくらい若々しくて、賢そうな議員さんでした・・。ユーモアもあって、なんか自民党は次世代が育っているなあという感じがしました。

スポンサーサイト
日本看護協会通常総会
6月4日から6日まで、幕張メッセにおいて日本看護協会の通常総会・職能集会が開催されました。愛知県からも代議員、一般参加の方々がたくさん参加しました。私は例年参加しておりますが、今年は看護連盟会長として来賓参加ということになりました。何かいつもとは違う感があり期待を持って臨みました。会場内の関係者・来賓席に案内され、全国の都道府県看護連盟会長が参加していました。
開会式においては、厚生労働大臣、文部科学大臣、千葉県知事などなど多くのご来賓が壇上に並ばれるなか、清水かよ子日本看護連盟会長のお姿もあり、昨年は訪問看護財団の長として来賓席にいらっしゃいましたが、看護連盟会長の案内はなかったのです。今年は違います。日本看護協会、日本看護連盟は互いに連携していることが看護連盟会長参加として示されていました。
2日目の総会終了後、アナウンスがあり、石田まさひろさんが登場しました。代議員、一般参加会員たちはほとんど席を立つことなく、石田まさひろさんの挨拶を聞いていました。坂本すが会長と清水かよ子会長がともに石田まさひろさんと握手して会場にメッセージを送っていました。ジーンときました!どれほどこの瞬間を夢見ていたことか!!そばで大島敏子副会長が同じように目をうるうるさせていらっしゃいました。
翌日、お昼のお弁当を頂いていたとき、そばに新潟からいらっしゃった若い看護協会会員の方々とご一緒でした。石田まさひろさんのことを「ステキな方ですね!」私たちのために「やってくれそう」といっておられました。「選挙に行きましょうね」と笑顔でわかれました。
充実した3日間でした。