愛知県看護連盟会長ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二兎を追うことが成功の条件
 RPAマネジメント研究所の藤原尚道氏によると、昔は事業主と従業員の関係はかみ合うことなく対立関係だった。事業主は従業員に対して、利益追求のためには従業員に我慢を強いることもやむをえなかった。従業員は、少しでも多く稼いで、豊かに暮らしたいと欲していた。
 21世紀になって、多くの従業員は「生活の糧」を得るだけでなく、もっと活躍したいと思っている。組織と従業員の欲求、二兎を追うことが成功の条件であるといわれます。 “利益拡大”と“従業員満足度の向上”この2つを同時に目指さなければ、より高い成果は望めないというわけです。
  診療報酬の改定を受けて、医療経済の動向について無関心ではいられない看護管理者の皆さんに、今一度、立ち止まり、周りを見渡していただきたいと思います。チーム業績の8割はマネジメントの方法で決まると藤原氏は述べています。一般企業でも、医療経営でも同じだと思いませんか?医療環境は劇的に変化しています。患者さんは、治療がよくて病院が便利なところにあるだけでは満足しなくなっています。医師、看護師など医療者はお金のためだけでは働かなくなった。病院は資金と設備を充実させても利益を出せなくなっています。
 21世紀、病院経営の課題が一変した。やる気にあふれ、創造的な従業員が一人でも多く必要です。あらゆる分野に前例にとらわれないぬきんでた才能が必要です。異なる能力を持った従業員同士の効果的な協働が必要でなのです。
 看護管理で、問題のありかさえ理解できれば、大きく飛躍できると藤原氏は述べています。また、多くのマネージャーは人的資源を浪費していることに気づいていないとも。
 
スポンサーサイト
CRE創立記念式典
平成30年度もCREにご招待をいただき創立記念式典に出席してきました。今年はこの会社の社長、監査役の方が、清水会(清水かよ子元参議院議員の後援会)のメンバーであったことから、ぜひ清水かよ子氏をご招待したいといわれました。日本訪問看護財団理事長の清水かよ子氏にお尋ねしたところ、懐かしいですねということで、式典にご出席がかないました。
CREさんは、若い会社です。社員たちが圧倒的に男子が多く、背広姿の若者が500名くらいはいて、大変活気のある会でした。
社長さんのお人柄か、役員も皆様がフレンドリーで楽しいひと時でした。
S__1507331.jpg

S__1507332.jpg

S__1507333.jpg

ピョンチャンオリンピック
1500メートルスピードスケートで銀メダル!高木選手のくしゃくしゃの涙顔をみて、思わずもらい泣きしてしまったです。わき目も降らず練習に明け暮れた4年間だったろうなと思うと、若い彼女の頑張りを心から尊敬します。きちんとオリンピックに照準を合わせ、きちんと結果を出したことがすごい!
その精神力、勝負のカンが人間業じゃない。だから天才と言われたのね。
看護師に天才はいるでしょうか?日々のたゆまぬ努力、訓練、自己を律する生き方・・。
別に天才でなくともよいですね。努力を見習い、自分の最善を尽くしましょう。楽しみながら!
明けましておめでとうございます。
2018年を迎え、心新たに連盟の活動を始めました。
何気なくテレビを見ていましたら、国連が「世界幸福デー」に定めている2017年3月20日、世界の155か国を対象にした幸福度ランキングを発表していました。それで、少し調べてみました。
 2017年のランキングで、最も幸せな国とされたのはノルウェーでした。2位はデンマーク、3位はアイスランド、4位スイス、5位フィンランドでした。
14位アメリカ、16位ドイツ、19位イギリス、31位フランス、48位イタリア
日本は51位で、2016年の53位から順位を2つあげました。
 国連のランキングでは、調査対象にする国の国民の自由度や、一人当たりの国内総生産(GDP)、政治、社会福祉の制度などをもとに2014~2016年の「幸福度」を数値化し、ランク付けをしています。報告書では上位5か国のうち4か国が北欧が染めています。上位国は国民の自由度、政治など幸福に関係する主要なファクターのすべてに高評価を獲得しています。
 日本の指標で特に悪いのが、自由度や社会的寛容性だそうです。治安が良くて貧富の差が小さく、豊かで福祉もそれなりに充実しています。表現の自由度も高いし、、、。成人の24%が本気で自殺を考えたことがあるという日本。何をもって幸福度を測るかは大切ですね。私は、鍵は女性の行動にあるのではないかとちらっと思いました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
女性局の頑張り
 10月の衆議院総選挙を終えて、たかがい恵美子女性局長から交代した太田房江女性局長が発言している。
今こそ女性局と青年局が頑張るときである。幼児教育の無償化、一億総活躍、女性活躍推進などあらゆる政策が、「アベノミクス」に結び付く。これは大転換期を迎える日本のかなめとなる政策であると。
 女性や若者は「政治との距離が遠い」と思っている人が多い。しかし、実際は、女性や若者が政治、政策で受ける影響は大きい。「国政報告会や決起集会等にお子さんを連れてきてください」と呼びかけられるようになってきている。
 愛知県看護連盟も、ポリナビワークショップにおいて、青年部の人たちは、託児所を準備して働く子育て世代の看護職を取り込んだ。QRコードで会場とパネラーを結びつけるみごとな企画、運営をした。400名以上の若者が「在宅看護の現在と未来」をあつく語り合ったのである。
 サイレントマジョリティー(声なき多数派)を大切にしなくてはならないと思います。声が大きい人や政治家の意見ばかりが前面に出るのではなく、日々額に汗して活動している(仕事をしている)人々がきちんと報われる社会になってほしいです。
 沈黙から発言へ!
皆様、来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。