FC2ブログ
プロフィール

愛知県看護連盟会長

Author:愛知県看護連盟会長
愛知県看護連盟会長のブログです。
愛知県看護連盟の活動、会長の仕事、愛知県の状況などを綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

愛知県看護連盟会長ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AERAを呼んでいたら、、
ワンキャリアの北野唯我氏の文章が気になりました。終身雇用制度が崩壊しつつある昨今、一人ひとりが自身のキャリアについて考えなくてはならないと。一般企業に就職先を求める学生たちだけでなく、看護職にも同じく言えることではないだろうか。
「いつでも転職できる人」になることが最強のカードになると北野氏は指摘している。そのために、20歳代は専門性、30代は経験、40代は人脈の価値を高めることが重要という。
キャリアを考えるのに、自分には「心からやりたいものがない」と悲観する必要はない。99%の人にとって、仕事とは「なりたい自分にちかづく手段」であると。
働くモチベーションは、上司が誰か、周囲にどんな人がいるかによって非常に影響される。したがって、これからの仕事選びでは「誰と働くか」を重視したほうがよいといっている。
看護職においても、転職がより当たり前になれば、医療界も変わるかもしれない。「転職」という選択肢があれば、個人は自由になれるだろう。いい人材をひきつけようとする医療機関はより魅力的になる。本当に働くものにとってよい病院とは、いつでも転職できる人材が「ここにいるほうが面白いから」とい続けてくれる病院である。
看護管理者は、看護師の転職希望に振り回されることなく、自施設の看護の価値を高め、働き甲斐をたくさん創設しよう!
スポンサーサイト
若者の政治参加と海外の選挙事情(総務省・文部科学省の文書から抜粋)
海外の選挙権年齢はどのようになっているか?
現在海外では「18歳以上」が主流である。国立国会図書館の調査(平成26年)では世界191の国・地域のうち、9割近くが日本の衆議院に当たる下院の選挙権年齢を「18歳以上」と定めている。例えば、日本、米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、オーストラリア、ロシアでも18歳以上である。選挙権年齢は、ヨーロッパの国々を中心にさらに引き下げる働きも活発化しており、オーストリア、ブラジル、キューバ、アルゼンチンではすでに16歳への引き下げが実施されている。また、選挙への参加が異なる国もある。例えば米国では、選挙権は満18歳以上の国民にあるが、実際に投票するためには事前に有権者登録を行うという積極的な対応が必要である。一方オーストラリアでは、棄権した場合には罰金が科せられる義務制となっている。
いずれにせよ、ますます若い世代が政治に関心をもち、積極的に政治に参加することが期待されている。
会員のみなさまありがとうございました!
9月の西日本豪雨災害は、国から激甚災害の指定を受けるほど大変な事態でした。特に、愛媛県、岡山県、広島県においては、現在も多くの方々が避難生活を余儀なくされています。その地に働く看護職は、自身の生活の再建もありながら、勤務先の患者、組織のために奮闘されています。心から敬意を表します。
愛知県看護連盟は、何とか同じ看護職として彼らの奮闘に応援をしたいと思いました。限りある連盟活動資金からの拠出は難しいので、8300人の連盟会員の皆さんにお一人200円程度の募金を呼びかけさせていただきました。
9月末までに210万円以上が集まりました。募金活動中に北海道の地震が発生しました!そのようなことも連盟会員の危機感を高めたのではないかと思われます。心優しい会員の皆さんの気持ちに感動しました!集まった募金はきっちりと分割してそれぞれの県にお送りいたしました。各県の連盟会長からお礼の電話、文書が届きました。「愛知県看護連盟会員の皆様の善意が大変うれしく、とても勇気をいただいた」と喜んでおられました。
支部長の施設訪問、募金のお願いが大きな結果をもたらしました。また、施設の看護部長のご理解、ご協力がなかったら実現できなかったことです。心から感謝申し上げます。
これからも、看護連盟はこつこつ努力してまいります!本当にご協力ありがとうございました。

北海道の地震報道を受けて
 9月6日3時7分ころに北海道胆振地方中東部で、最大深度7の地震が発生した。多くの報道局がいっせいに放送を開始し、日本国中瞬く間に情報は広がった。地震発生6から7時間後には医療機関のどこが外来患者受け入れ、救急患者の受け入れのみで一般外来休診とするなど情報の提供を始めていた。ライフラインのダメージは深刻で、特に水、電気が医療機関には不可欠になる。どこに行ったら血液透析が受けられるかなど患者さんは知りたいことであろう。
 大きな台風が過ぎて被災地の様子が把握され、対策がはじめられた矢先の地震!まったく日本はどうなってしまうのか?地球温暖化の影響は決してよそ事ひと事ではないのだ。東南海トラフの大型地震は近い将来必ず起こるといわれている。この地域に生きて働く看護職としてそのときに最善を尽くすことができるように、備え、学び、連携しなくてはいけない。
 自分の職場の地域ハザードマップを再確認しよう。自宅の防災対策、職場における看護職の責務、防災マニュアルを見直して、現実的な使えるマニュアルにすること、地域の特色を十分取り込んだものにすることをこころがけよう。そして、せめて看護職だけでも意識たかく、関心を持って情報を生活に取り込んでいこう。
看護のアジェンダ連載者井部敏子氏に講演依頼した山口県看護協会がスゴイ!
「週刊医学界新聞」に聖路加国際大学名誉教授の井部俊子先生が長年看護のアジェンダを連載しておられる。その回数は第163回になっている。大学病院で看護管理を仕事とする前からずっと購読をして、自身の業務、管理にずいぶんと助けられたものである。
第163回の看護のアジェンダは考察「本当の看護を求めて」であった。これは、山口県看護協会が第149回の「本当の看護を求めて」を読まれて、その内容に共感し、連載者の井部俊子氏に講演を依頼され、井部氏が受諾をされた経緯が書かれていた。
山口県看護協会が井部氏を動かしたのは、こうあった。・・・第149回看護のアジェンダを拝読し、5点の井部氏の指摘に共感をした。・・・看護の対象者と看護を提供する看護職の双方を守っていくために、現在の課題を整理し、どのように取り組んでいくのか、その方法についてご教示いただきたい・・・。井部氏はこのコラムで問題提起だけをしてそのまま放り出していると気づいたとのべておられた。
163回の考察「本当の看護をおとめて」には、臨床看護のプロブレムリストが対策の方向性とともに示されている。過去に「ハウツー」はかりを求めるなと、新人ナースをしかったり、看護学生を惑わしたりとしなかったか?
内容は新聞を読んでいただくとして、山口県看護協会さんありがとう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。